在コルカタ日本国総領事からのご挨拶

 こんにちは。10月27日にコルカタに着任しました夛賀政幸(たがまさゆき)です。
コルカタは、岡倉天心とラビンドラナート・タゴールの交流をはじめ日印関係の歴史において重要な役割を持った地ですが、在コルカタ日本国総領事館も、明治40年(1907年)に開館された歴史ある在外公館の一つです。そのような地、公館で働けることを嬉しく思います。
今日の日印関係は、政治、経済、安全保障、文化等様々な分野においてその幅と深みを増しています。それとともに、人と人との交流も拡大しつつあります。
このような中、総領事館の最大の務めは、在留邦人の方々が安全で幸せな生活を送れるよう、邦人旅行者や出張者が事故にあわないよう、また 、万が一事故にあった場合は迅速に支援することです。
在コルカタ総領事館の管轄地域は、西ベンガル州、ビハール州、ジャルカンド州、オディシャ州の4州ですが、これらインド東部諸州と日本との経済関係や文化関係などが促進され、人的交流が拡大していくよう、皆様の協力を得ながら尽力して参りたいと思います。また、そのためにも、邦人の方々が事件や事故に遭わないよう情報の入手と提供に努めてまいりますので、皆さんも安全に十分注意頂くようお願いします。
そして皆様からの相談事、照会事等に誠心誠意お応えしていきたいと思いますので、どうぞ宜しくお願い致します。


2016年11月
在コルカタ日本国総領事
夛賀 政幸